大切に使い続けたい婚約指輪|購入前にデザインや予算を調べよう

購入方法と素材

カップル

購入方法を工夫する

婚約指輪を購入するには販売店で既製品を購入する方法に、完全オリジナルの指輪をオーダーメイドで作ってもらったり、自分で手作りしたりなどといった方法があります。既製品を購入するメリットは、プロがデザインした指輪を選んで購入できるという事です。デザインも千差万別ですし、お店で選ぶ楽しさもあります。既製品でもメッセージなどを刻印したりできる場合も多いので、オリジナリティを出すことも可能です。オーダーメイドは自分好みの、世界に一つしかない指輪を作ることが出来るのが大きなメリットです。その分時間はかかりますが、好みのデザインを相談しながら決めていくというのも良い思い出になるでしょう。手作りは世界に一つしかないという点はオーダーメイドと同じですが、何といっても制作過程に自分たちが関われるというのがメリットです。自分で原型などを作ったうえで出来上がった指輪には愛着もプラスされます。

指輪の素材

婚約指輪の地金に使用される金属にはいくつか種類があります。基本的に婚約指輪の地金には貴金属が用いられ、プラチナや金が定番となっています。長い間使用する指輪ですので、安全性が高い金属であり、金属として安定していて劣化しにくい金属である必要があります。そうした理由から希少性だけでなく、安全性の高い貴金属が指輪の地金に使われます。日本では結婚指輪と同様、プラチナ製の婚約指輪が最も多く購入されています。プラチナは金よりも希少性があるということと、非常に安定した金属であるという事が言えます。さらに落ち着いた色味が日本人好みであり、服装にも合わせやすいといった理由もあります。プラチナは安定した金属であると同時に、柔らかく加工のしやすい金属ですので、指輪には最適な金属であると言えます。